Mac mini のメモリ換装

価格差別(Price discrimination)とは同じ製品またはサービスに対して消費者の「タイプ」によって異なる価格を課金する慣行を指す。Appleの製品は価格差別は特に露骨です。 Mac miniのメモリ8Gと16Gの価格差は2万円前後、しかし16Gのメモリは現在8千円程度。 しかもApple製品はほとんど自分でハードを替えられないようになっています。このMac mini 開けるに必要なドライバはTR6, T5, T10の三種類です。 TR6のドライバの商品は少ない、しかも高価です。たまたまメモリ換装ページからのリンクで、この商品にたどり着いた。商品の説明はYamachi トルクスドライバー T3 T4 T5 T6 T8 T10 と書いてますが、図にはT6, T8, T10は真ん中は穴があり、実体はTR6, TR8, TR10、届いて確認したらその通りでした。 次のビデオを参考にMac mini の分解、メモリ換装は無事完了。この値段で必要なTR6, T5, T10セットが1つになって購入できて大満足です。   参考: https://aakira.app/blog/2019/01/mac-mini/

旧Gorilla ガラガラ山 NV-M15DT 修理

購入した中古車に、旧Gorilla NV-M15DTついてた。 起動時に、「福井県福井市居倉町付近、ガラガラ山」の真っ白画面、が表示され、内蔵されたバッテリーが寿命らしい。 対策を検討すると、幾つもある: 他に手元空いてるナビーをつける、でも取り付けは面倒。 Amazonからの、”パイオニア カロッツェリア Bluetooth/USB/チューナーメインユニット MVH-790”もいいらしい。 Aliexpressから 1 DIN Detachable Panel In Dash Car Head Deck Unit DVD Player 7″ Touch Screen Car Stereo Bluetooth Ipod TV USB SD MP3/4 RDS Radio もいい感じ。 Aliexpressの上記類似するが、Android内蔵、結構高い。 Aliexpressは純正の内蔵ナビー部品もデザインと機能が一致するから、高いけどこちらも検討中。 しかしどれも一長一短あるので、決まるまで時間がかかりそうだし、とりあえず旧Gorilla を修復するも考える。 ネットで検索すると、旧Gorilla NV-M15DT修理する記事が見つかった。今日分解して、同じ方法を取ろうとしてた。 しかし取り外しが難しいそうだから、もう少し関連記事を探しているところ、何とある記事で2011.1/24のCR2032ボタン電池交換は、2011-09-11も再度、「福井県福井市居倉町付近、ガラガラ山」の真っ白画面、が表示されるので、8か月未満になる。ハンダで作業するから、折角修理して、もうちょっと長持ちにしたいよね! 例のAliexpressから、Original Battery Button Cell Holderを購入。(ちなみに総額US $2.65と安い!20 pieces / lot , US $0.14…

Kindle Paperwhite 店頭発売日に購入

以前から、電子書籍リーダーに気になっていた。楽天koboについて随分検討したが、見送りという結論になり;今回Kindle Paperwhiteについて、即購入と決定。 Amazonのサイトから、予約しても1月入荷予定になり、BIC CAMERAの店頭で予約をした。 19日ネット販売開始日に、店から電話があり、注文分が確保したので、翌日でも店頭受け取れるということでした。20日は量販店販売開始の日、昼休み時間で早速買いに行った。 手に取ると思ったより軽い、付属マニュアルの文字も読みやすい。早速コンテンツ入れて見ったが、期待したA4のPDFは無理でした。試にA5のPDFを作ってみた、読めるけど、文字が小さいため読みつらい。画面サイズはA6くらいだから、A6サイズのPDFを作って読んでみたら、ちょうといいくらいでした。 たたAmazonクラウドが利用できるので、クラウド書棚にある本は、iOS(iPhone, iPad), Androidでも読める、つまりA4のものは、Paperwhiteで読めないけど、たとえばiPadのKindleアプリで読むこともできる。書棚オーガナイズするツールとして評価したい。 Twitter、Facebook、Mixiも一応Web付属のブラウザ(体験版)でつながるけど、汎用の分使いつらい。

Huawei 新モデル E586E モバイル WIFI ルーター届いた

イオンのSIM利用、楽天BBのSIM利用、そして海外も使えると、といろいろ考えた末、新規購入のWIFI ルーターの型番を決まった。 モバイルインターネットといえば、15年前の1997年、PHSに繋ぐモデムを同じくらいの値段で買った。PHSは従量制なので、あまり活躍してなかった。外形が小さい、荷物にならないので、また保留している。 Amazonで水曜日深夜注文したHuawei 新モデル E586E モバイル WIFI ルーターは、金曜日の午後に届いた。早い! 早速セットアップして、イオンの980円のSIMを入れてみた。 iPhone3Gに入れた時と比べて、劇的に早くなった。TwitterのタイムラインがiPhone3Gに入れた時しばらくアイコンが回転して待ち状態だが、モバイル WIFI ルーター通すと一瞬で見れた。試にiPhone4でFacetimeを試した。画質が悪いが、一応見れた。 「楽天ブロードバンド LTE エントリー」のSIMが届くまで、イオンのSIMの活躍を見せたいところ。 ちなみに、これって2か月前に買ったMacBook Airが本当にモバイルPCとして機能するような環境を揃った。

イオン限定b-mobile SIM サービス

  ソフトバンクのパケット料金は高い! iPhone4を空港でちょっとFacebookしたら、なんと7000円台(上限を超えたため、請求はパケットに関して4000円台だけど)。 たまにテキストしたいくらいで、コスト高すぎる。これて他のパケットサービスに乗り換えるしかない。 以前からきになる、イオン限定b-mobile SIM サービス、早速申し込みした。 b-mobile SIM プラン・A 100kbps 980円 もっている、2台スマートフォン(TCL A906、iPhone 3G)に実験してみた。 一台はAmazon.cnで購入したTCL A906 (Alcatel OT906同等品?)は一応接続。しかし外へ持ち出すと、つなぐとつながらないところがあり。これは周波数完全一致しないのせいか? 通信方式 周波数 b-mobile SIM W-CDMA/HSDPA/HSUPA 2100MHz/800MHz TCL A906 WCDMA 900/2100MHz もう一台は、iPhone4契約した際、解約したiPhone 3G(jail Break済)。こちらは普通に使える。しかしテザリング(tethering)できない。jail Breakしたから、なんかAppでできそうだが、ちょっと試したら、面倒などの、あきらめた。 ということで、iPhone 3G+イオン限定b-mobile SIM で、携帯端末として運用開始。 よく使うAppは、4sq, Twitter, Kaixin, Weiboでした。

30分でつくれるAndroidアプリ

書店で見かけた本で、AppInventorのことを知った! いままで、AndroidとiOSのApp作るに、Titanium Studioを試したが、うまくいかない。 AppInventorなら、VISUAL BASICみたい、APP積み上げる。 iOS対象外だが、プロトタイプできたら、iOSに移植でも、ゼロからより早いでしょう。 これなら環境設定、PGで悩むより、APPに作りたいことに集中できるので、製作意欲が出てきた。 早速持っている2台Androidをつなげって見た。しかしUSBのドライバーなかなか機能しない。 Web検索の評判から、「91手机助手」をインストールし、ドライバーがうまくインストールしてくれた。初めて中華ソフトに好感を持った。 ドライバーがうまくインストールできたのは、Amazon中国で購入したSmartQ V7という、Android, Ubuntu, WinCE 内蔵7インチタブレット。 しかしデザイン画面そのまま反映されてないので、Amazon中国でより新しいAndroidバージョン内蔵の機械もオーダーした。 これていろいろためそうなきがする。