[这是]我去了世界各地的制造商都在关注的M5Stack总部![我赢不了]

这就是写博客的角色吗? 随着Switch Science Takasu的介绍,我偷偷看了M5Stack的总部,M5Stack是目前世界上最受关注的物联网原型设备。 但是,不熟悉IoT领域的人可能无法通过听到“ M5 Stack”来理解含义。“ M5堆栈”读作“ M五堆栈”,是一种廉价的单芯片SoC(片上系统),具有内置CPU,Wi-Fi和蓝牙“ ESP32”。它是一个5厘米x 5厘米见方的微型计算机,具有核心,配有触摸屏,硬件按钮和Groove连接器,并且是世界上最疯狂的硬件平台,可以通过堆叠各种模块来使用。在那儿。 公司入口处排着连续的M5 Stack系列。 它从使用激光切割机和3D打印机的原型开发开始,自2017年成立以来,已经取得了不错的突破。自成立以来,短短两年内,它已成为拥有50多名员工的大型家庭。   右边是首席执行官吉米(Jimmy)。尽管他是一家国有电力公司的工程师,但他有一个独特的职业经历,即离开国有公司,并通过生第二个孩子来应对“独生子女政策”。 左边的女人与M5Stack同时作为启动加速器参加了另一家公司,但关闭了该公司并加入了M5Stack。营销专家。 最初,M5Stack最初是出于吉米想用Wi-Fi制作自己的功率计的愿望。 如果“制造商”的定义是“制造自己想要的东西”,那么M5Stack无疑是一家真正的制造商公司。 在短短两年内,这个阵容就到了。最近,他说他还专注于M5 Stick系列,该系列已经变得越来越小。 通过堆叠称为HAT的模块,M5Stick可以立即构建利用各种传感器的IoT设备,而不是无法堆叠。 HAT具备从FLIR热像仪到伺服电机的所有功能,并且它是您可以想到的一整套功能。 此外,M5StickV在日本发布后立即售罄,在CPU中配备了基于RISC-V的K210(Kendryte AI芯片),可以轻松实现高速推理。 不到3000日元就能得到这样的东西的意义很大。 未来,对诸如小学和初中等基础教育阶段的AI教育的需求正在增加,并且对易于使用的AI Edge设备的需求也无法估量。 为什么我们可以在这么短的时间内以很少的人数发布如此众多的产品?秘密就是“制造者”的想法。 “三天前我有个主意” 吉米(Jimmy)的最新原型,他畅所欲言。M5 Stick的移动平台仅售几千日元。 即使您与M5 Stick同时购买,它的价格也不到10,000日元,因此在RoboCup之类的机器人竞赛中也有可能诞生一个新类别。 您也可以像驴车一样使用它。 这个想法仅在三天内就形成的第一个秘密就是公司中有一个车间。 该工作坊拥有制造商所需的所有必要设备,例如挖掘机和3D打印机,因此您可以从构思的角度进行原型设计。 这里生产的原型已展示给市场团队和Takasu先生的Switch Switch Science等密切的开关业务合作伙伴,如果给人留下了深刻的印象,请立即将其发送到“内部工厂”。 只需打开一扇门,它就会变成一个小型装配厂。 当我实际访问时,我正在大量生产非常受欢迎的M5 Stick。 这是一堆有缺陷的产品正在等待维修。 尽管收率不是很高,但经过全面检查,最终发货产品的质量还是很高的。 由于买家基本上是制造商,因此他们并不关心细节,即使有缺陷,他们也经常在Twitter和博客上告诉我们。 M5Stack始终会调查世界各地用户的声音,并打印和粘贴错误报告。 这样,在修复了第一批中发现的所有缺陷并完善了制造工艺之后,当大规模批量订单进来时,请富士康等大型EMS工厂将其投入批量生产线。 计划,原型制作,市场营销,批量生产试验,测试营销和批量生产过程都集中在一个地方,因此可以以此速度开发大量小批量产品。 老实说,我忍不住吹捧它。 我觉得深圳的生态系统比我想象的要尖锐,而且“制造”的想法比日本领先一到两步。 在这些领域几乎不可能跟进,并且日本制造商和制造商如果不构建完全不同的战略,将很难在物联网竞争中生存。 原文 https://wirelesswire.jp/2019/08/71960/?fbclid=IwAR3wIa5BxpvmYRklCiLcWAJva8ux0033xKmy73w1KLP0MkMAGEIESdicCXg —…

IoTモジュールのモニター(その2)

低コストのIoTモジュール(C.H.I.P)は、AV信号の出力しかないので、以前、車用 ミニオンダッシュ液晶モニターをIoTモジュールのモニターとして利用してみた。 やはり画面が小さいので、操作の情報量が少ないから不便が感じる。 Amazonでこんな物を見つかりました。 AV to HDMI コンバーター Amtake AVケーブル 変換 hdmi コンポジットをHDMIに変換アダプタ コンポジット入力 hdmi出力 AV2HDMI USBケーブル付き 音声転送 1080P対応 IoTモジュールの結線は次のようになります。 接続するだけで安定して、スイッチ1080P /720P のどちらでも大画面で画質もハッキリでみれて満足です。 不満といえば外部電源が必要もことです。 付属のMINI USBケーブルが短すぎて、USB電源まで届かないため、一時パワー・バンクを利用しました。またパッケージに含まれるものには(1 x マイクロUSBケーブル)書いてますが、MINI USBケーブルでした。 この製品はMINI USBインターフェース時代のモノ、手元にあるが急には見つからない。Micro-USBまたは、USBーCにアップグレードしたらいいと思うけど。 さらに、欲をいえばHDMIポートから電源取得できるかどうかもわかりませんが、できるといいかもしれませんね。  

ミニ キーボード

Raspberry Piの運用シーン(ドンキー・カー)で、環境変わるたびに設定の必要が必要。この商品のサイズはコンパクトなので、携帯に便利です。USBレシーバーはRaspberry Piに挿したままで運用、ミニ キーボード必要なときだけ電源ONです。たくさんの文字入力がないのでこの小さなキーで十分です。 乾電池式ミニ キーボードより、こちらの充電式バッテリー内蔵方式は持ち時間が長い、トータルコストが安くなります。また仕様上ワイヤレス 2.4GHz 方式で、付属のUSBレシーバーのみ利用可。Bluetooth通信方式ではないため、Bluetoothのデバイスとの接続はできません。 「Amazon fire tvに使用できます。」との説明がある、本当? 仕様から、Bluetooth通信方式ではないので、Amazon fire tvとペアリングできません。 付属のUSBワイヤレスレシーバーを利用する2.4GHzワイヤレス通信方式です。 ファイアTVで利用する場合、USBハブまたはOTGケーブルを利用してUSB端子を増やし、 USBレシーバーをその端子に挿して利用します。 バックライトの色が変更したい このミニ キーボードはいくつバリエーションあり、切り替え方法が微妙に違うようです。 バックライトのOn/Offは、 Fnキー+F2キー で間違いないですが。 バックライトの色の変更は、Fn +Win 、 Fn+RGB、 Fn+タッチパッドスクロールなどあり、試してみてください。

手頃の商品で電子工作がはかとる・ヒートガン elesories HG1012を試す

電子工作での熱収縮チューブにヒートガン必要ですが、高いのイメージがあるので、ドライヤー、ハンダゴテで我慢しました。一部スマホの分解、熱収縮フィルムによる電子部品パッケージの加熱包装などはヒートガンがないとできませんね。 ついに「ヒートガン elesories HG1012 ホットガン ヒートエアガン 2段階風速 無段階調温可能 50~650度 多用途ホットガン ノズル5本付き 三角スクレーパー1本付き PSE認証 二重絶縁 (本体+付属品)」は 温度調整が無段階、風量調整2段階という、使い勝手がよさそうな仕様でしたので、購入しました。 数多くのパーツがセットになるので、使いこなせないな。BBQためのノズルもあるので、いつか試してみる。 最初の作品は、スマホの充電ケーブルの再利用。ボロボロになったコネクタをカットして、DCプラグをつけることに。 (一度はスリーブを通し忘れてしまい、やり直す羽目に) このヒートガンで熱収縮チューブを加熱。最初は結構慎重で作業したけど、慣れると簡単でした。 ドライヤーより使いやすい、ハンダゴテよりきれいに整形できた。 いきよいで、JST電気配線のコネクタの纏めにも使ってみた。 上は熱収縮チューブはめた状態です。 ヒートガンで熱収縮チューブを加熱収縮した状態(上の図の下方)と以前ハンダゴテで収縮した物(上の図の上方)と比べ。 両方ヒートガンで熱収縮チューブを加熱収縮した状態。 これてスマホの分解で必要な場合、熱収縮フィルムによる電子部品パッケージの加熱包装などいろいろ出来そうです。

素材がよい、読み書きも早い

WindowsのパソコンにLinuxのLiveUSBを試したくて、高速かつ大容量のものが欲しくなり、こちらを選びました。 デザインもよく、外観も安っぽくなくメタリックな感じがとても気に入っています。 読み書き速度を測るため、Intel Core m3モデルのパソコンで、 CrystalDiskMarkを使って測りました。 商品の説明では容量:64GB(ユーザ領域約0.92)、インタフェイス:USB 3.0、転送速度:読み取り最大120MB/S、書き込み最大35MB/Sでしたが、測定結果はそれ以上速いもので、大変満足でした。  

Raspberry PiとPCを有線で直結に利用

最近Raspberry Piは自動運転、顔認識などのシステム開発に利用している。 Raspberry Piのセットアップする際、手元にモニターがないと困る状況が時々あります。 ラボで開発する時環境は整いで順調ですが、現地テストする際、ネットワークは違うため、Raspberry PiのIPアドレスはなんだろうといつも悩みます。 モニターはない、またはモニターの前に待ち行列できると、学生初心者はパニック状態になり、なかなかネットワーク設定が上手くできない、ついバッテリ切れでお手上げになります。そのためにモニターをわざわざ購入することもないね。実はRaspberry PiとPCを有線で直接繋いでSSHすることが可能です。 前提 現地テストする前に、ラボでSSH接続確認済み。 ホスト側 LANポート付いてるパソコンはOKです。 ほとんどの新型のノートパソコンにはLANポートがありません。このEthernet-USB変換アダプタは便利です。Win10 PCでは、USBポートに接続するだけで認識されます。 これが持ってると、Raspberry Piを現地テストする時など、動作環境を変えても安心に接続利用できます。 リモート(Raspberry Pi)側にSSH接続してみる LANケーブルでRaspberry Piに接続した後、sshなどのツールを使用してすぐにセットアップを続行できます。 raspberrypi.local へ接続するだけ。

ゲルクッションを体験

在宅勤務が長くなり、ひじ付きのメッシュパソコンチェアを購入しましたが、長時間座ってやはり硬いで、苦痛でした。 TVショッピングのゲルクッションが欲しかったのです。こちらの買ってみたら、大正解です。 ゲルクッションは2枚洗えるカバー付いてると説明あるが、届いた時は黒のカバー付けたままですぐ使えます、もう一枚グレーのカバーが付属しました。 二週間使ってみて腰と尻は疲れがなく、通気性も優れて快適です。これを利用すると仕事が座っていられる時間が長くなりました。逆に長時間座っていると健康には悪い、休憩アラームでもつけると考えるところでした。

Bauihr USB C HDMI変換ケーブル

持っているMac Proは時には、4Kのモニターを拡張モニターとしてに使いたいと思い、Thunderbolt3 HDMI変換ケーブル欲しいところ。 またMac Minは現在Thunderbolt 3 HDMI変換ケーブルを利用してますが、Thunderbolt3 HDMI変換ケーブルも試してみたい。 アマゾンから「Bauihr USB C HDMI変換ケーブル 4K@60Hz高解像度 1.8m/6ft, USB-C 3.1 USB Type C HDMIケーブル4K 金メッキ Thunderbolt3 対応 iMac、MacBook Pro、Galaxy S8などUSB-C HDMIケーブル」を購入した。 言うまでもなく、このケーブルをフル活用するため、4K対応のUSB-C 3.1 、Thunderbolt 3ポートの出力もつパソコン、スマホが必要、さらに4K対応のモニターが必要ですね。 持っているHuaweiのタブレット、Huaweiのスマートフォンは、対応しないようです。4K対応のMac Min、MacBook Pro動作確認しました。 とくに難しい設定もいらないため、直接繋げればすぐ使うことができます。コードも丈夫そうな作りになっており安心です。 I-O DATA 4Kモニター 43インチに表示したところ。4K(3840×2160)映像を60Hzで表示したことを確認しました。 ちなみにモニターの「HDMI-1」のみ4K(3840×2160)映像を60Hz対応、試す場合こちらに挿します。ほかにHDMI-2、HDMI-3の2ポートは4K(3840×2160)映像を30Hz対応です。(さらに「DisplayPort」は4K(3840×2160)映像を60Hz対応です。) MacBook ProのMirrorモードでも、拡張モードでも動作を確認しました。特に拡張モードは本体のモニターと別に、4Kのモニターを拡張モニターとして利用ができ、マルチタスクに最適です。 4K対応のMac MinはにもこのThunderbolt3 HDMI変換ケーブルも試して、4K(3840×2160)映像を60Hzで表示したことを確認しました。  

iPhone 充電ケーブル【5本セット 1/1/2/2/3M】

長いケーブルは便利で充電しながら使用するにはとても楽です。 家族全員がiPhoneを使用しています。 子供たちは親のお下がりのiPhoneで、ケーブルはボロボロです。 この価格は5個セットで非常に安価なので、一度に購入して古いケーブルをすべて交換しました。 5つ全部使えました。 充電に問題はなく、コネクタ部分が補強されて長持ちそうだし、ナイロン編組ケーブル本体は頑丈に見えます。 また、純正のLightningケーブルは約1mで、充電しながら使用するには窮屈ですが、この2Mと3Mの長さのケーブルはあるからとても楽になりました。