Huawei 新モデル E586E モバイル WIFI ルーター届いた

イオンのSIM利用、楽天BBのSIM利用、そして海外も使えると、といろいろ考えた末、新規購入のWIFI ルーターの型番を決まった。 モバイルインターネットといえば、15年前の1997年、PHSに繋ぐモデムを同じくらいの値段で買った。PHSは従量制なので、あまり活躍してなかった。外形が小さい、荷物にならないので、また保留している。 Amazonで水曜日深夜注文したHuawei 新モデル E586E モバイル WIFI ルーターは、金曜日の午後に届いた。早い! 早速セットアップして、イオンの980円のSIMを入れてみた。 iPhone3Gに入れた時と比べて、劇的に早くなった。TwitterのタイムラインがiPhone3Gに入れた時しばらくアイコンが回転して待ち状態だが、モバイル WIFI ルーター通すと一瞬で見れた。試にiPhone4でFacetimeを試した。画質が悪いが、一応見れた。 「楽天ブロードバンド LTE エントリー」のSIMが届くまで、イオンのSIMの活躍を見せたいところ。 ちなみに、これって2か月前に買ったMacBook Airが本当にモバイルPCとして機能するような環境を揃った。

MacBook Air購入

久しぶり、新品のパソコン購入。MacBook Air 1700/11.6でした。4Gメモリ、64GのSSD、1Kg の重さで、モバイルでいろいろできそうな気がした。 今月引っ越す予定、新居に新たにフレッツ回線引くなので、大型電気店のの割引プログラム利用して購入した。 さっそく、よく利用Appを入れた。 DropBox Evernote いまさらOSの確認だが、OS X Lion搭載でした。最新じゃないね!Appleのページ見たら、 OS X Mountain Lionを搭載していない新しいMacを最近購入されたお客様は、Mac App Storeで無料でアップグレードできます。 さっそくサイトで申込みして、メールでコードゲット、APP STOREで入力して、OS X Mountain Lionダウンロードできた。 アップグレードは少々時間がかかったが。また初期状態のPCだから、特に問題なくできた。  

イオン限定b-mobile SIM サービス

  ソフトバンクのパケット料金は高い! iPhone4を空港でちょっとFacebookしたら、なんと7000円台(上限を超えたため、請求はパケットに関して4000円台だけど)。 たまにテキストしたいくらいで、コスト高すぎる。これて他のパケットサービスに乗り換えるしかない。 以前からきになる、イオン限定b-mobile SIM サービス、早速申し込みした。 b-mobile SIM プラン・A 100kbps 980円 もっている、2台スマートフォン(TCL A906、iPhone 3G)に実験してみた。 一台はAmazon.cnで購入したTCL A906 (Alcatel OT906同等品?)は一応接続。しかし外へ持ち出すと、つなぐとつながらないところがあり。これは周波数完全一致しないのせいか? 通信方式 周波数 b-mobile SIM W-CDMA/HSDPA/HSUPA 2100MHz/800MHz TCL A906 WCDMA 900/2100MHz もう一台は、iPhone4契約した際、解約したiPhone 3G(jail Break済)。こちらは普通に使える。しかしテザリング(tethering)できない。jail Breakしたから、なんかAppでできそうだが、ちょっと試したら、面倒などの、あきらめた。 ということで、iPhone 3G+イオン限定b-mobile SIM で、携帯端末として運用開始。 よく使うAppは、4sq, Twitter, Kaixin, Weiboでした。

Desktop PC 購入

2年まえ、引っ越した際、手元に数台Desktop PCにコンパクトな一台だけ残し、ほかのすべて友人にあげたか、リサイクル業者に出した。 しかしコンパクトなDesktop PCはやはり拡張性が不足、HDDを2Tにしたくらい、やはり力から不足で、Laptop PC (メモリ4G)がメインに使う状態。 最近App Incentor により、Android開発を励したので、速い、大画面の作業PCが欲しくなる。 NTTXとうネット店でよく買い物する、NECのサーバが安売りを見て、これをきっかけって、Desktop PC 購入を決めった。

30分でつくれるAndroidアプリ

書店で見かけた本で、AppInventorのことを知った! いままで、AndroidとiOSのApp作るに、Titanium Studioを試したが、うまくいかない。 AppInventorなら、VISUAL BASICみたい、APP積み上げる。 iOS対象外だが、プロトタイプできたら、iOSに移植でも、ゼロからより早いでしょう。 これなら環境設定、PGで悩むより、APPに作りたいことに集中できるので、製作意欲が出てきた。 早速持っている2台Androidをつなげって見た。しかしUSBのドライバーなかなか機能しない。 Web検索の評判から、「91手机助手」をインストールし、ドライバーがうまくインストールしてくれた。初めて中華ソフトに好感を持った。 ドライバーがうまくインストールできたのは、Amazon中国で購入したSmartQ V7という、Android, Ubuntu, WinCE 内蔵7インチタブレット。 しかしデザイン画面そのまま反映されてないので、Amazon中国でより新しいAndroidバージョン内蔵の機械もオーダーした。 これていろいろためそうなきがする。

大容量(2T)HDD購入

データバックアップのため、手元の空き少なくなったから、購入に踏み切った。手元にあるのは160G-250G殆ど、一気に10倍増えて、気持いいところ。94年ころ買った200Mの外付けHDDは7万円台でしたが、今回買った2Tの外付けHDDは8千円台でした。 まずWinとDebian兼用を考慮し、640GをexFAT、残り1280GをEXT3にした。 それからWin系のメデイアにあるファイルを全部640Gにコピーし、すぐ2/3を埋まった。 そしてDebianサーバに接続し、ホームサーバとKuroBoxサーバのUNIX系のファイルも1280G にコピーした。 最後に、640GのexFAT, 1280GのEXT3両方ともホームサーバにマウントし、SAMBAで共有する設定をした。KuroBoxサーバは当分必要なくなるから取り外し事になった。

2台目のLOOX

会社の同僚から、LOOXを譲って貰った。 一台目のLOOXは、メモリは128Mのみ、FreeBSD専用機状態でした。 このLOOXは、そのFreeBSDマシンをアップグレードする予定でしたが、メモリは256Mもあり、また状態がいいから、CD-ROMベイのバッテリ購入し、しばらくブログ専用機として使うと思いました、 これは、そのマシンからの投稿でした。

Yahoo! Auctionsで音楽キーボードを買った

Yahoo! Auctionsで音楽キーボードを買った。 引っ越しの荷物にならないように、引っ越したら、音楽キーボードを購入するつもりだが、たまたまYahoo! Auctionsでお買い得なものがあるので、引っ越し先に届くように指定して、Yahoo! Auctions購入の第一号にもなった。昨日やっと時間が作って開封して、触って見た。 光ナビ鍵盤、液晶つき、テレビもつなげる、カラオケにも使える、楽しいそうな機能が一杯でした。USBーMIDIインターフェースもありました。(最近のパソコンは、従来のMIDIインターフェースが省略しされたので、USBーMIDIインターフェースあると助かる) 小学生のころ、ピアノが欲しくって、家庭実情では夢にも夢のようなとても無理な話だから、たまたま「無線電」と言う雑誌で、“電子琴”の記事がありまして、そこから未来夢を織り込みました。 中学生、高校生、大学生こと、何度も父親に部品をねだって、または小遣いで部品通販を利用して部品購入など、組み立てを試みました。最初はアナログ、次はデジタルゲート、最後は専用IC、しかし何れも途中の半製品で、成功にはならなかった。 その後MIDIという規格を知り、MIDIのプログラムで、コンピュータから電子音楽の試みを再開した。これは少し成功して、作品の一つは、REMOTE-MIDIで、遠隔アーティストの支援ツールでした。 そのころから度々MIDI音源、音楽キーボードなどを購入したけど、世界を放浪する“旅”の途中で置いてきたため、今回の購入は3度目(以上?)にもなる。 肝心の演奏は、全然進んでないので、これから再挑戦するわ。